婦人

水道水漏れのような水回りトラブルは早期解決!住宅設備改善マスター

早めに対応しよう

インテリア

トラブルには様々な種類がありますが、水回りというのはトラブルを起こしやすいです。水漏れを発見した場合には、すぐに水道修理業者に依頼する必要があります。自分で確認できない場合もあるので、異常を感じたら早めの対応が肝心です。

View Detail

特に多い水漏れ場所

実施者

水漏れというのは、住宅のあらゆる場所で起こります。特にお風呂というのは、一日の疲れや汚れを落とす場所なので水漏れトラブルが発生してしまってはリラックスできないでしょう。他にもキッチンの水漏れも多いトラブルです。

View Detail

集合住宅でリフォーム実施

住宅

大阪ではマンションなどの集合住宅でリフォームを実施する方が登場しており、マンションリフォームは一般的に利用されるようになってきました。またリフォームを行なう際は、どのようなリフォーム方法があるのかを確認し自宅に最適なリフォームプランを考えてみましょう。

View Detail

集合住宅で発生しやすい

作業担当者

お風呂場というのは、防水加工が施されているのですが、トイレ、キッチン、洗面所というのは、防水加工がされていないので、被害が直接床下に及んでしまいます。水道水漏れが故人の専有部分である場合には、賠償責任を負わなくてはならない場合があります。被害を最小限に抑えるためには、早急に水道修理業者に連絡をすることが大切です。そして、原因を突き止めた上で修理を行ってもらいましょう。また、水道修理業者に連絡をした上で、集合住宅の管理会社や管理人に連絡を入れます。そして、他の部屋に被害がなかったか確認をしてもらう必要があります。水漏れトラブルで、高額な修理費を請求されないように、個人賠償責任保険に加入している集合住宅がほとんどです。そのため、階下への修理費は保険で賄うことが出来ます。ただ、自宅の修理費は個人賠償責任保険で賄うことは出来ません。

自分の専有部分以外の場所で水道水漏れ被害を受けた場合には、水漏れを起こした人に修理費を請求することが出来ます。被害があればそのままの状態にして、管理会社や管理人に状況確認をしてもらいます。念のため被害箇所の写真を撮影しておくことも大切です。水道水漏れによる天井、壁紙、家具などの費用は保険で支払ってもらうことが出来ます。また、雨水による雨漏りの場合には請求相手は集合住宅の管理会社や管理人になります。

住まいのトラブルというのは突然訪れます。トラブルはそのまま放置していると状態が悪化し、建物の寿命を短くしてしまいます。資産価値を低くしないためにも、トラブルがあれば早急に修理をする必要があります。